2021
12.06
ナルチャン

「地球を感じる」(ナショナルジオグラフィック 2021.12号)

情報処理

地球は感じる場です。感覚とは、情報をインプットすることです。インプットができれば、プロセシングとアウトプットがすすみます。

『ナショナルジオグラフィック』(2021年12月号)が、「地球を感じる」と題して、模様・音・色・香り・スピードをとりあげています(注)。

米国ヒューストン動物園のマサイキリン。長い首の模様は思い思いに縫い合わせたパッチワークのようだ。

クモは巣に伝わる振動を脚先で感じる。(中略)獲物や交尾相手、脅威などの存在を知るという。

この鳥(キガオミツスイ)が種として生き残れるかは、年長の雄が若い雄に求愛の歌を伝えられるかどうかにかかっている。

地震活動を記録する際に邪魔もの扱いされてきたクジラの声だが、地殻構造を画像化するのに活用できると期待されている。

高温の溶岩は黄白色の光を放ち、やがて冷えてオレンジ色から赤色に、最後には漆黒へと変わる。

100年以上前、ハワイの山腹でひっそりと姿を消した花。永遠に失われたその香りが科学者たちの手でよみがえった。

2007年、16年、21年のスイスのローヌ氷河。並べて比較すると、この短い間に大量の氷河が解けたことがわかる。

模様は、さまざまな動物たちにみられます。何らかの目的があると解釈できるものもありますが、おもいのままに形と色をえらび奔放さをくわえたものもあり、まさに天然アートです。

音は、生存に必要な情報をはこび、動物たちにとってなくてはならない伝達手段です。かつては人間も音を大事にしていました。なお今回の記事は、よむだけでなく、スマートフォンのカメラでコードをよみとると実際の音がきけます。

山が発する色は、みるというようりも感じるものです。色の変化は活動の転換をしめし、一旦おさまったとおもってもふたたび息をふきかえします。地球の力を感じます。

香りといえば植物です。科学者は、香りをうみだす分子を特定し、その DNA を分析します。香りは魔法です。しかし残念ながら、インターネットでは香りはつたえられません。植物園に是非いってください。

地球温暖化により氷河が後退していることは一目瞭然です。2000年以降、世界の氷河からとけだした水は5.3兆トン以上にのぼり、海水面が1.5センチちかく上昇しました。パタゴニア氷河の後退スピードも今が一番はやいといいます。

「感じる」とは、目・耳・鼻・舌・皮膚などの感覚器官をつかって外界から内面へ情報をインプットすることです。誰もが、感覚器官をもっており、小学生の低学年ぐらいまではあらゆる感覚器官をつかって生活していました。観察の時間もありました。しかし試験勉強・受験勉強がはじまるとさまざまな感覚器官をつかうことをわすれてしまいます。現代人は、言葉のインプットに極端にかたよりすぎ、感覚が退化してしまいました。

今日、情報化時代にはいり、あらためて感覚がみなおされます。感覚をとらえなおし、感覚を自覚することに光があたります。感覚をとりもどすということはインプット能力をたかめることになり、インプット能力がたかまれば、プロセシングとアウトプットもすすみます。

『ナショナルジオグラフィック』は、地球を感じ、インプットを自覚するためにとても役だちます。

▼ 関連記事
インプットを自覚する -「ユニバーサル・ミュージアム ― さわる!“触”の大博覧会」(国立民族学博物館)-
香りをインプットする - ミニ企画展「香りの魅力」(国立科学博物館)-
香りを感じとる - シンガポール植物園(7)「フレグラント園」-
神戸布引ハーブ園(まとめ)
3D 刺激スパイス展(咲くやこの花館)
バリアと感覚 - 皮膚(Newton 2020.5号)-
皮膚感覚を自覚しとぎすます
視覚の世界をふかめる - 小田原フラワーガーデン・トロピカルドーム温室(2)-
眼をつかいこなして多種多量な情報をうけとる - 特別展「生命大躍進」(7)- 
立体視をして見る力をきたえる - ハワイ・オワフ島フォスター植物園 –
秋をインプットする -「善福寺公園の木の実」展(1)-
五感をとぎすます - 企画展「The NINJA – 忍者ってナンジャ!?-」-
感覚をつよめ情報処理をすすめる - ニール=ハービソン「I listen to color」-
ジオ・コスモスをつかって地球をインプットする
情報処理をすすめて世界を認知する -『感覚 – 驚異のしくみ』(ニュートン別冊)まとめ –
感覚器をつかって情報をインプットする 〜 岩堀修明著『図解・感覚器の進化』〜

▼ 注:参考文献
『ナショナル ジオグラフィック日本版』(2021年12月号)日経ナショナルジオグラフィック社、2021年