2021
10.01

Blog「発想法」について

ABOUT

発想法とは仮説(アイデア)をうみだし活用する方法であり、本サイトでは、フィールドワークによってえられた情報を処理し、仮説を発想し、問題を解決する方法をあつかいます。情報処理とは、〈インプット→プロセシング→アウトプット〉の3場面からなり、情報処理をする存在として人間をとらえなおし、人間主体の情報処理をすすめます(図1)。問題解決とは、情報処理を累積しながら課題にとりくみ、仮説を検証し、問題を解決していくことであり、〈仮説法→演繹法→帰納法〉の3段階を基本とします(図2)。大局をみて急所にいどむところに問題解決のポイントがあります。

情報処理のモデル
図1 情報処理のモデル
仮説法・演繹法・帰納法
図2 (1)仮説法、(2)演繹法、(3)帰納法

▼ 関連記事
人間の情報処理
事実レベルと思考レベル - 3段階モデル –
3段階モデルと情報処理

執筆者・管理人
田野倉達弘
東北大学大学院理学研究科博士課程修了(地学専攻)。博士(理学)。ブロガー、ライター。